●アエソンとは

特定非営利活動法人

 文化・福祉・人権サポート アエソン

●相談したい

指定相談支援事業所 ライズアップ

  計画相談 特定相談

       障害児相談

       地域移行・地域定着相談

●居場所がほしい

地域活動支援センター

         ライズアップ+



お知らせ

2017年

ふれあいフェスタ(第10回)

 

日時:2017年7月8日(土) 10:00~11:30

 

会場: 県立東はりま特別支援学校

 

主催: はりまデザインラボ 

    地域活動支援センターライズアップ+

 

共催:県立東はりま特別支援学校 県立播磨南高等学校

 

協力:県立明石清水高等学校

 

問い合わせ: はりまデザインラボ

       ☎ 079‐437-0141

ダウンロード
2017ふれあい.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 323.6 KB

≪学ぶ≫

播磨町地域自立支援協議会 平成29年第1回 全体研修

主催:播磨町地域自立支援協議会

日時:7月26日(水)

場所:播磨町健康いきいきセンター3階大会議室

対象:どなたでも参加できます

参加費:無料

資料準備の関係上、事前に参加申し込みをお願いします

 

チラシ表

 

 


ダウンロード
2017播磨町地域自立支援協議会全体会「」すべてのこどもを育てる学校.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 220.5 KB

播磨町地域自立支援協議会 すべてのこどもを育てる学校

すべてのこどもを育てる 学校

~地域で子どもを育てていくために障害児福祉制度の現状と課題    

 

第1部 基調講演 宮田広善氏

 

第2部 パネルディスカッション

 

~学校現場に求められること~

宮田広善氏(重度障害総合支援センタールルド センター長)

西村惠子氏(県立東はりま特別支援学校 校長)

濱口直哉氏(東播磨圏域障害者等 相談支援コーディネーター)

発達臨床心理学研究所  公開講座

 

主催:武庫川女子大学総合心理科学館3階 301教室

2017年7月1日 14:00~

参加費無料

 

先着100名

 

ダウンロード
子別れとアロマザリングから見た子育て
根ケ山光一 氏
早稲田大学 人間科学学術院 人間環境科学科
2017 武庫川大学子別れ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 96.7 KB

平成29年度 地域福祉研修

 

主催:兵庫県社会福祉協議会

会場:兵庫県社会福祉研修所

対象:社会福祉従業者で次の要件の方

①実務経験が3年以上の方

②前日参加できる方

 

日時:8月1日(火)8月2日(水)

9月22日(金)10月27日(金)

定員:50名

受講料:16,400円

申し込み締切:7月12日(水)必着

 

 

ダウンロード
17.06.10.地域福祉研修.開催チラシ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.6 MB


≪参加する≫

子どもの発達が気になるママの個別相談

主催:NPOアエソン

臨床心理士がお話をうかがいます。

日時:2017年6月20日

       6月27日 

10時~11時30分           一人40分程度

場所:地域連携交流施設

要予約 079-437-0037

参加費無料

 

Bubu                            ママたちのおしゃべり会

主催:NPOアエソン

日時:2017年6月26日(月

10時~12時

場所:地域連携交流施設

参加費無料

 

 

日程が変更していますご注意!

 

主催:播磨町地域自立支援協議会

日時:2017年7月11日(火)

場所:地域連携交流施設

参加費無料

ダウンロード
自己紹介ファイル「かけはし」を書こう!
支援者と一緒に「かけはし」の記入を行います。
2017かけはしカフェ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 104.9 KB

はたらくみんなのお茶会

 

主催:播磨町地域自立支援協議会

日時:2017年6月30日(金) 13:00~14:30

場所:播磨町 ゆうあい園 

ダウンロード
はたらくみんなのお茶会
2017はたらくお茶会①.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 110.9 KB

《知る》

世界自閉症啓発デー 発達障害啓発週間

4月2日は、国連が定めた

世界自閉症啓発デーです。

4月2日から8日は、発達障害啓発週間です

 

 

兵庫県立東はりま特別支援学校 地域連携交流施設の1階図書室の窓に

左の写真の通り、啓発を行っています。

 

国連総会(H19.12.18開催)において、カタール王国王妃の提案により、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」(World Autism Awareness Day)とすることが決議され、全世界の人々に自閉症を理解してもらう取り組みが行われています。

 わが国でも、世界自閉症啓発デー・日本実行委員会が組織され、自閉症をはじめとする発達障害について、広く啓発する活動を行っています。

 具体的には、毎年、世界自閉症啓発デーの4月2日から8日を発達障害啓発週間として、シンポジウムの開催やランドマークのブルーライトアップ等の活動を行っています。

 自閉症をはじめとする発達障害について知っていただくこと、理解をしていただくことは、発達障害のある人だけでなく、誰もが幸せに暮らすことができる社会の実現につながるものと考えております。

 みなさまのご理解とご支援をお願いいたします。(世界自閉症啓発デー日本実行委員会<公式サイト>から説明文抜粋)

<ユニバーサルスポーツ交流大会>

 2016年3月26日(日)10:00~12:00、播磨町総合体育館で、播磨町障害児・者スポーツ振興協議会が主催する「ユニバーサルスポーツ交流大会」がおこなわれました。障害のある人もない人も一緒にスポーツを楽しめる場にしたいと思いから、

県立東はりま特別支援学校、県立播磨南高校、播磨町地域自立支援協議会、NPOアエソン、NPO法人スポーツクラブ21はりま、社会福祉法人社会福祉協議会

播磨町手をつなぐ育成会、はまなす、ゆうあい園、はりまデザインラボ、播磨町教育員会、播磨町の協力のもと、毎年障害者スポーツの紹介もかね行なっています。

 今年は、『兵庫LSC』『メディカル』『播磨キング』『SOUL』の皆さんにお越しいただき、シッティングバレーのご紹介と試合風景を見せていただきました。また、選手の皆さんと風船やソフトバレーボールを使って、参加者全身がシッティングバレーを経験し、楽しめる場も設けていただきました。

 フロアーホッケーやフライングディスク、スラックラインなど、工夫次第でいろんなスポーツが楽しめる2時間となりました。

 ロビーでは、加古川総合庁舎1階に常設しているチャレンジショップ「きずな」が臨時出展し、障害のある方が自立をめざして心をこめてつくった手芸品やお菓子を販売しました。


≪更新情報≫

・7/5  通信最新号(56号)掲載しています 地域活動支援センター ライズアップ+

・7/5  7月の予定表を掲載しています 地域活動支援センターライズアップ+

・7/5  ブログを更新しています 地域活動支援センター ライズアップ+

・6/12 子どもの発達が気になるママの個別相談 6月19日、6月20日